子供という存在

おはようございます☺︎

 

かりーなです。

 

昨日全てが洗い流された直後にわたくしは海の見えるところにいたのですけれど

 

空気が澄み渡る瞬間とはこのことなんだと

 

感動✨いたしました。

 

一夜明けて

 

とりあえず洗車に行こう。

と、現実的な朝。

 

皆様いかがお過ごしでしょう。

 

今日も徒然と言葉を紡ぎます。

 

 

子供って純粋で素直で

 

存在自体が愛の塊みたいなものですね

 

 

愛情もストレートやし、エゴもストレート。

 

裏表がまだ少なくて

 

小さければ小さいほどに

 

純粋で。

 

それが大人による教育やなんかで

 

顔色見て

 

◯◯したいんやけどなぁ〜

 

って上手く意見を通す術を身につけて

 

そんな言い方できるようになったん!

 

って成長を感じると同時に

 

ええ子やなんかやなくてもいいんやで

 

とも言いたくなる。

 

 

でも、ええ子に見せる部分も育んでいた方が、生きやすい。うん。

 

とりあえず。

 

こんな少数派の自由人が親類におるってだけで

 

 

彼女や彼らの多様性の感覚を育んでいるんちゃうかな。笑

 

 

そして一緒にいてると愛情もらってるなぁ。溢れてるなぁ☺️って。

 

 

なるほど。

 

子供は愛しまなければ、

大人として、血の繋がった者として

できることはやってあげないと

 

っていうのは自分のエゴを満たすための行為で。

 

 

じつは

 

無償の愛(agapē)は

与えてもらってたんやなぁ。

 

 

うわっ…すご

 

 

 

ってそんなことにこの歳で気付いたんです。

 

 

まだまだ未熟なわたくし☺️

 

 

でも目の前のことに気付ける瞬間て、ほんま尊いです。

 

 

f:id:karina0808:20210303075747j:image